プロフィール

ともえ

Author:ともえ
静岡県御前崎市
にある輸入住宅の会社です。
皆さんの夢を実現するために、
職人気質の社長を筆頭に日々勉強の毎日です。
現場の作業状況や画像等をUPしていきますので
少しでも雰囲気が伝わればいいなって思ってます。


全記事表示リンク


最近の記事


カテゴリー


FC2カウンター


最近のコメント


ランキングUPにご協力を!


何かありましたらこちらまでご連絡下さい

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
頭金作りの大きな間違え^^;

毎月5万円ずつ、年間に60万円。
2年で120万円の頭金を貯めたら・・・・・

あなた・・・・

大きな損をしてますから~~



『でも・・・・120万円を35年で返していったら、毎月3000円ちょっと。
返済総額で言ったら139万円でしょ?

ほら~~120-139=19万円 19万円も損するのよ!!!嘘を教えないで!!!』







なんて、計算している人はいませんよね???

ここはむしろ・・・・

たったの19万円で済むんだ^^って思うところです

だって、2年間も貯金する間に、いくらの家賃払っているか、分かりますよね?

毎月6万円だったら、6x12で72万円・・・・

72万円も損をするのです・・・・


たったの19万円をケチって、72万円を損する。

それが、間違っている人の頭金作りです。


最も賢い、頭金作り方は・・・・


1日でも早く家を建てる決意をすること!!!

1日でも短いアパート代にすることです。

その浮いたお金を頭金にすればいい。

皆さんも、間違った頭金づくりはしないでくださいね^^
スポンサーサイト
『1500万円の家って安売りなの?』



いえいえとんでもありません。


金額だけ見たら、安い感じに見られてもしょうがないところですが、1500万円もあればこういった家が建てられます。下記のリンク先をまず見て下さい。

クリックで当社商品紹介ページにジャンプします。


どうですか?


このプランが1500万円で本当に建てられます。嘘だと思うなら、一度問い合わせ下さい。しっかりとした見積もりをお見せします。



しかし!!!


実は安く見えるのには訳があります!!!


実はこのプラン、坪数で言うと26坪程度の割と小さいお宅なのです。



ちなみにこちらが参考平面図です。


2012y12m12d_003813307.jpg



でも、この平面図だと狭く感じないでしょ?


坪数が少なく、なのに狭く感じない理由は・・・


無駄が無いからです!!!


このプランは若い20代後半から30台中盤までの、夫婦と子供2人の家族をターゲットに作られています。


この世代は、無理無駄が嫌いで、合理的に物事を考えます。


だって、物心ついたときから世の中は『不景気』


無駄、無理をしないことこそ『美学』として教えられてきた世代です。


そういった世代には、価格も無理せず購入出来、またプランも無駄は無いけれども、自分達の理想は詰まっている。


そんな家が重要なんです。


そういった方をターゲットにしたプランは、今回の年収300万円のお宅にぴったりだと思いますが、どうでしょうか?



また、土地も現在は下落しています。


この辺りは特に田舎なので、余計に安い物件を見つけやすいですが、他の地域でも探せばあるんじゃないですか?


残りの諸経費や、家具、外構などは人によってまったく変わるのであくまでも参考程度に^^;




以上、4回にも渡って説明しましたが如何だったでしょうか?


もし、年収が低くて無理だと思ったり、他者などで言われた方がいたら、ぜひ当社にお声をお掛け下さい。


無理と不可能は違うことを証明し、明るい未来を一緒に考えていきましょう~~




御前崎、掛川、菊川、袋井、牧之原でスローライフな家を建てるなら  インデュアホーム御前崎
アパートを借りていること自体がもったいない



前回までで、年収300万円だからこそ、家を建てなくてはいけない理由を説明してきました。


次に年収300万円でどうしたら家を建てれるのか。


そこに焦点を絞っていきます。


では始めます。



まず始めに、住宅に掛かる費用のことを知らなくてはなりません。


細かくは書きませんが、大方はこのような感じ。


・土地の価格(仲介手数料など)


・住宅本体価格(建物のみ)


・住宅付帯工事(水道、下水、電気ガス、外構工事など)


・家具、家電、カーテンなど住まいに必要な物


・銀行経費、火災保険、地震保険、登記費用などの諸経費


大まかに書けば以上は最低掛かります。


これ以外にも人や土地、地域によって掛かってきます。


このすべてを用意しなくては住宅を建てられることは出来ません。


逆に言えば、このすべての費用が揃えられれば住宅を建てることが出来るのです。


では、ご自分の予算をまず確認します。


まずは、貯金。


年収300万円代だと、1000、2000万円の貯金は難しいでしょうが、最低100万円、よく言えば500万円くらいはありませんか?


但し、すべてを使ってしまったら何かあった時に困るので、せめて100万円程度は残しましょう。


仮に500万円貯金があったとしたら、400万円が自己資金ですね。


これに次は借り入れの資金です。


実は年収300万円の方なら、今だったら2550万円借りられます。


あくまでも計算上ですが・・・・


ただ毎月の返済額が、7.7万円になるので、今の家賃よりも1.7万円も上がってしまいます。


これだと生活が厳しくなるでしょうし、もしかしたら苦しくないかもしれません。そんな瀬戸際な増額です。


しかし、ここでは少し抑えて、2300万円にしておきましょう。


そうすれば、毎月の返済は6.3万円。3千円なら何とかなるでしょう。


この額と貯金をを足せば合計2700万円。


おお!


想像したよりも多い金額になりましたね^^;


次に、支払いのバランスを考えます。


住宅1500万円。  残り1200万円


土地 800万円。 残り400万円


各所経費等 平均200万円


残りに家具などにあてます。 200万円


この計画なら、問題無く家が建てられそうです。



またまた、長くなったので、次回に続きます。


次で最後にしたいと思いますので、皆さんついてきてください(笑)
年収300万円だからこそ、家を建てるのです



まだ、その1を読んでいない人達はその1からお読みください。(多分この記事の下にあります)



さて、前回は年収300万円だからこそ家を建てたほうがいいということを書かせて頂きました。


今回は、それはなぜか?そこに焦点を絞っていきます。


では始めます。


まず、前回に言った言葉。


家賃6万円はもったいないってことを掘り下げていきます。


ところで皆さんは毎月6万円のローンをした場合、総額でいくら借りれるか知っていますか?


現状の低金利で計算すると約2100万円借り入れが出来ます。


ただ今の金利は極端に低いので、将来的に上がることを加味すると、2000万円程度借りるのが現実的でしょうか?


つまり、アパートと同じ支払いをするだけで、2000万円程度は借りられる計算になります。



次に逆の発想。



毎月6万円のアパート代をそうですね・・・・50年間続けたとしましょう。


その時の費用は・・・・



1年で72万円


5年で360万円


10年で720万円


30年で2160万円


35年で2520万円


50年で3600万円


となり、多額の費用をアパートに使ったことになります。



ここで面白いのが、アパートだった場合と、2000万円で家を建てた場合、丁度住宅ローンが支払い終わった時には、500万円以上アパートの方が支払いが多いことになります


しかも、アパートは支払っただけで、何も残りませんが、住宅は土地や家が資産として残るのです。


これは場所によっては1000万円以上の価値の差が出ます。


賢い人は、この計算に気がつき、1日でも早く家を取得しようとします。


1日でも家賃を払っているのがもったいないと感じてしまうからです。



しかし、この話をするとこういった話が必ず出ます。



『家を取得すると、税金や補修費用が掛かるよね?このことを加味しないとフェアじゃないでしょ?』



ごもっともです。


家を取得すると、固定資産税や補修費用が掛かってきます。アパートと違い、これはお施主さんが払うことになります。


ですので、ここでその費用を上げていくと・・・


住宅、土地の固定資産税(計算方法はちょっと面倒くさいので省略)1年で7万円程度。また、住宅の資産価値は年々下がっていくので、これから税金も下がっていきます。


次に住宅の補修費。10年で100万円としてみましょう(実際にはこんなに掛からない場合が多い)


1年 7万

5年 35万

10年 170万円

20年 340万円

30年 510万円

35年 545万円


となります。


先ほど書いたとおり、税金は下がってきますので、実際にはもっと少ないし、補修費もぼったくり業者に頼まない限りはこんな費用にはなりません。


そういったことを加味しても・・・・アパートの費用が変わりません。


また、ここで触れておかなくてはいけないのが、アパートに掛かる費用です。


ここに駐車場が1台しかなければ、車を増やしたら借りなくてはいけません。


また、ずっと同じアパートに住めると思いますか?古くなれば大家さんが立て壊します。


その際の引越し費用や、2年に1度の1ヵ月分の更新料。


そもそも統計上、アパートはどれだけ長くいても5年程度であると言われています。


こういった費用も入れると、どれだけアパート暮らしが損をするのかが分かってきます。


こういったことが分かっている賢い年収300万円世代は、家の建築を考えるのです・・・・




では次に、年収300万円でどうしたら家を建てたられるのか?


その本題に入っていきたいと思います。


その3に続く
年収が300万円でも家は建てられます



最近ネットや雑誌でよく見かけるコピーに・・・・



『年収300万円時代をどう生き抜くか!?』



このようなコピーがあります。


内容を読んでみると、まあそうだよねって思うことが書いてあるのですが、腑に落ちないことも書いてあり、それが


『年収300万円を貧乏人として捉えている』


ってことです。


まあ、金融機関等ではこの年収世代を、貧乏人(サブプライム層)と位置づけているだけに過ぎませんが・・・



さて、こういったことが書かれると、年収300万円の人は


『自分は貧乏人だ!節約して、賢く倹約を・・・・車は中古で十分、住宅なんてとんでもない!!!』



なんて思ってしまうのでしょうが、実際は違いますよってことを、今回は認識してもらいたいのです。


前置きが長くなってしまいました。では始めます。



まず、年収300万円って人達は、月の給料が約20万円、ボーナス3ヶ月分ってところでしょうか?


ここから、保険や税金が引かれ、手元に残るのは18万円程度。


さらにここから、家賃6万円、学資保険1万円、光熱費など1万円、携帯など必要費用1万円


生活を頑張って倹約すれば、もう少し余るのでしょうが、実際には10万円も余れば御の字。


そこから生活に4万円、お小遣い等2万円、貯金が3万円。


これじゃー家なんて建てれるわけないじゃん・・・・


これが普通の人の感覚です。多くの人と言うか、9割ぐらいの方は同じこと考えています。また、景気が悪いせいも影響してこう考える人が多いのでしょう。


しかし、残りの1割の人の考えは、まったく違います。



お金が無いからこそ、お金を上手に使おう


こう考えれた人は年収300万円でも、裕福な生活をされています。


その最も重要なお金の使い方。


それが住宅の建築なのです。



それはなぜか?


そう思ってしまった人は、先ほど書いたここをもう一度見て下さい。


『・・・・まず、年収300万円って人達は、月の給料が約20万円、ボーナス3ヶ月分ってところでしょうか?


ここから、保険や税金が引かれ、手元に残るのは18万円程度。


さらにここから、家賃6万円、学資保険1万円、光熱費など1万円、携帯など必要費用1万円


生活を頑張って倹約すれば、もう少し余るのでしょうが、実際には10万円も余れば御の字。


そこから生活に4万円、お小遣い等2万円、貯金が3万円。・・・・』


このお金の使い方で、最も意味が無く、最も損をしているのはなんだか分かりますか?


ここまで言えば分かってくれますよね?


そう。


家賃6万円


これが最も意味が無いお金なんです。


他の出費はどうしようも無かったり、将来の為にと、しっかりとした理由がありますし、他でまかなう事が難しいことであったりします。


しかし、家賃だけは違います。


これも生活のために必要じゃん?って思われるかもしれませんが、本当にそうですか?


もっと安いところがないですか?実家にお世話になれないですか?そもそも住んでいるだけで、将来の役にも立たないし、自分の物になる訳でもない。


そんなものに、収入の約1/3を毎月支払っています。


こんなに馬鹿馬鹿しく思えること、他にあると思いますか?


年収が300万円の人達が、これ以上頑張って生活費を落とすのは、ほとんど不可能です。


出来なくは無いですが、1ヶ月1万円生活みたいに、苦しいことをしなくてなりません。


そんなことしていたら、裕福どころか、本当に貧乏に、心から貧乏になってしまいます。


そんな生活は誰でも嫌ではないですか?


そう考えた1割の方は住宅を建て始めています。


なぜ?


あまり多くない収入を有効に活用出来る唯一の方法だと感じるからです。



長くなってしまったので、続きは次回にさせて頂きます。

Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。