プロフィール

ともえ

Author:ともえ
静岡県御前崎市
にある輸入住宅の会社です。
皆さんの夢を実現するために、
職人気質の社長を筆頭に日々勉強の毎日です。
現場の作業状況や画像等をUPしていきますので
少しでも雰囲気が伝わればいいなって思ってます。


全記事表示リンク


最近の記事


カテゴリー


FC2カウンター


最近のコメント


ランキングUPにご協力を!


何かありましたらこちらまでご連絡下さい

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『人生で最高に居心地が良かった場所は?』


見学会で間取りを見ながら、サイズを確認して、それからは雰囲気つくり、テイストを固める作業に入りました。


数々の見学会や、ショールーム、雑誌やネットで情報を集めていた私達には、これがいい!!!って雰囲気がありました。


名前で言うと、『プロヴァンス系』ですね。


あの、独特で優しい雰囲気が大好きだったんです。


だから、私達はそのテイストでお願いしようとしたのですが、そこでOさんから一言。



『今までの人生の中で、最高に居心地が良かった場所ってどこですか?』



ん?なんでそんなこと聞くの?って思ってしまいました。


『OOさんが人生で一番居心地が良かった場所が、OOさんにとって最も合っている場所だと思うんです。だったらそのテイストを家にもフィードバック出来れば、良いと思いませんか?』


なるほど!納得です。


それからは、二人で居心地が良かった場所を思い出す作業です。


結婚旅行で行ったバリって良かったよね?いやいや、実家の落ち着きにはかなわないだろう。長野に泊まったときの旅館良くなかった?大学の卒業旅行で行ったイタリアは良かったぞ・・・などなど。


そんな夫婦の話を、黙って聞いていたOさん(笑)


で、結局まとまったのが、『バリ』でした。


あそこは環境も良いので、複合的にみての心地よさなんでしょうが、Oさんはそこに近づければ、OOさんにとって最も良い家になるんだから、頑張ってみる価値はありますね、って言ってくれて、ちょっとだけ頼りになるかも?(笑)って思った瞬間でした。


それからは、なぜバリが良かったのかの意見収集。


環境もそうだし、エアコンなんかも絶妙だったし、料理や、風景・・・・


それをまとめていたOさんが言った一言。


『OOさんは、自然な環境が好きなんですね』


地味な一言ですが、これが決め手になりました。


私達の家のテイストは・・・・



『どこでも自然を感じられる家』



になりました。


スポンサーサイト
『見学会が近々ありますので、それまでに簡単にでもプランを作ってみましょう』



そういって始まったプラン作り。


ちょっと前までは雰囲気作りとか言っていたのに、話が変わったなぁ~って思いましたが、とりあえず言われるままにプラン作りへ・・・・


家族構成とか、部屋が何部屋とか、LDKの大きさとか、ほぼ半日掛かって聞き取り終わったら、その次の週には簡単と言い難いプランが出てきた^^;


だけれども、正直ピンとこない・・・・


LDKが18帖ってどうなの?広いの狭いの?


子供室4.5帖って可哀想じゃない?とかとか・・・・


そんなことを正直に伝え、返ってきた言葉が



『私もそう思います』


だったらそんなプラン作ってくるなぁ~!!!!って思いましたが、よくよく見てみると、これって私達の言ったことをまとめただけのプランで・・・・


一週間前に自分たちの言ってたことをすっかり忘れていた訳で・・・・



でも、初めてのプランはこんなものですよ^^って感じで、修正は掛けないでおこうって話でまとまりました。



その次の週に見学会があるので、そこでもう一度見て欲しいと言われました。



それで次の週の見学会にお邪魔し、その場でもう一度自分たちのプランを見せられました。



そこで言われたのが、大事な部分だったですね。



『ここのお宅の間取り図とOOさんの間取り図を見比べながら見てみて下さい。図面と実際の部屋の広さ感覚がどれだけずれているのか分かってきますよ』




確かに、そうやって見ていくと、『ずれ』が浮き彫りになってきます。



プランでは18帖って狭いんじゃないかと思っていましたが、そのお宅は16帖程度。
はっきり言ってこれで十分だと思いました。
また、子供室も4.5帖は狭いだろうと思っていましたが、そのお宅にも4.5帖があり、普通に十分な広さであることも確認出来ました。



そんな見方をしていくと、どれだけ自分達が思っていた感覚がずれていたのかが分かってきました。


今まで、美術館を見て歩くような感覚で見ていただけに過ぎない見学会でしたが、こうやって見ていくととても重要なんだと気がつかされました。


また、たまたま来ていたお施主さんと話が出来て、家を建てるまでの苦労話とか、ここを気をつけてねってアドバイスとか色々聞くことが出来たのもとても良かったと思います。


今までは、30分も見ていたら長いと感じていた見学会もそれからは最低1時間、長いと3時間程度はいるようになりました、きっとインデュアさんは迷惑だったでしょうが(笑)


そして、その見学会後、雰囲気作りからプランの再開です。



これがまた楽しい時間なんです!!!



次回に続く
『OOさんの資金計画はこのくらいになりますね』



本格的なプランニングに入る前に、まずは資金計画をしてみましょうってことで、色々とお金のことについて話をしました。


夫の年収。


自分の年収。


貯金額。


ローンなどの借金額。


現在の家賃。


家を建てた時の支払いの希望額。


などなど。


うちの台所事情をほとんど聞かれました^^;
じゃないと正確なところが分からないとのことでした。



で、その結果出てきた気持ちが・・・・・



『こんなに家以外での費用が多いのか!?』




ってことでした。


まずは土地代金、それに仲介手数料、登記費用にローン諸経費。
水道の取り出しや下水の接続、税金や火災保険や地震保険など、家以外の金額が家並みの金額になっていましたーー;


それと家の金額を合わせて、自分達の支払いの希望をあわせると・・・・
出来上がってくるのが資金計画書って1枚の紙です。
たったこれだけ?って思いましたが、詳細が決まらないため、これ以上は出しても無駄ってことに。


まあ、思ったよりは費用が高いと感じましたが、支払いの額がその時のアパートの費用と同じくらいだったので、問題はないだろうとなり、詳細を詰めることになりました。


まずは、間取り・・・・と思いましたが、Oさんが言い出したのは、



『まずは雰囲気まとめですね^^』



間取りじゃなく、自分達の好きな雰囲気をまとめる作業に・・・・
これによって間取りなんかも違ってくるそう。
なんか他のメーカーとやり方がちがうな~って思っていましたが、とりあえず信じて従うことに。
結果、このことが良かったのですけれどね^^


この時点で打ち合わせ3回目くらい。


この後、何回やるんだろう・・・・そんな気持ちにもなっていましたが、楽しい時間でしたね^^
今思うと一番楽しい時間だったと思います。


次回に続く。
『土地を探すことは止めてください』



プランを依頼した後、インデュアのOさんに始めの打ち合わせで言われた言葉です。
私たちはさすがに面を食らいました。
だって、どの住宅メーカーも雑誌などでも、まずは土地からって話をされていましたから。


そもそも土地が無ければ、プランなんて出来る訳無いじゃないですか?
ある住宅メーカーさんはなんかは土地が無いと話にならないので、プランニングも出来ないって言われたこともあったくらいです。
そんな考えだったので、最初はこの人は何を言っているんだ?って真剣に思いました。
ただ、その後の話を聞いたらとても納得と言うか、むしろこの考えの方が当たり前じゃん?って思うようになりましたが(笑)


さて、土地探しを止めて言った理由とは・・・


・私たちは家を建てたいのであって、土地を買いたいのでは無いこと、このことを前提に考えてください。


・土地を先に購入したら、土地に合った家しか建てられなくなります。


・普通の住宅を建てるならそれでも問題ないのですが、私達のようにこだわって造りたいと思っている人達にはそれが大きな足かせになることがあります。


・ですので、まず最初に理想の家を考えます。


・間取りやプランももちろんのことながら、庭や駐車場、近隣の住宅風景、立地など全てをまず考えておきます。


・それが決まったら、その理想にあった土地を探すようにしてください。


・そうすれば、どのような土地をどのような金額で、どのような広さで、どのような立地で買えばいいのか分かっているので、土地探しも楽になりますし、後悔をしない土地を買うことが出来るようになります。


・そして、土地を購入した後に再度調整を掛けて、プランを完成させれば、自分達の理想の家が出来るようになるって話です。


確かに、私達が欲しかったのは理想の家です。
その為に、必要だから土地を買うって話だったのに、いつの間にか、良い土地を探すことに真剣になりすぎて、家造りじゃなく、理想の土地探しになってしまっていたのですね。
このことをOさんは私達の話の中から感じ取ってくれたらしく、こういった提案をしてくれたみたいです。


ただ、困ったことに不動産屋さんに手当たり次第資料請求をしていたので、毎週のように電話や資料が送られてきていましたので、紹介したのに買ってくれないとか、もう紹介しないよって言われたりとか、ちょっとした問題になってしまっていました^^;


打ち合わせ中にこういうことは早めに教えて下さいよって言ったら、笑える一言が返ってきたのを覚えています。



『OOさんは当社で建てる気がないと思っていましたので』



私達はその時大きな声で笑ってしまいました(笑)
そんな建てる気も感じられないお客にあなたは手紙を送ったり、説明をしていたのですかって。
なんだかこの人を嫌いになれないって理由が分かった一言でしたね(笑)



そこからはほとんどインデュアホームとだけ商談をしていきました。




次回に続く
『私達の為だけに・・・・』



私はこの言葉が欲しかったのかも知れません。


大手さんやHMさんは数を多くこなす為に、私達は数多くの客の一つとして考えられていたように感じていました。


だからいつも他と比べられたり、他とキャンペーンなどを争ったり、そんなことばかり繰り返していたように思います。


『私達の為だけに・・・・』インデュアさんだけでは無く数多くの会社が行っているとことなんだと思いますが、始めに言ってくれたのがインデュアさんだったってことです。


別に大手さんなんかを批判する訳ではありませんが、私にはそういったことが嬉しかったってことですね。



さて、週末の見学会は本当に私達だけで、ゆっくりじっくり見ることが出来、営業さんの話もゆっくり聞くことが出来ました。


カタログが遅かった理由はこの見学会の準備に追われて請求が気が付かなかったそうで^^;


見学会も手作りで行っているようで、他のHMとは違うなぁ~って感じましたね。家具なんかが他のHMではあったりして、生活の想像が出来ましたが、インデュアさんの会場では無く、その分、家本体を見ることが出来たと思います。


まあこの辺りは好き嫌いあるでしょうが。



この時点で輸入住宅に対する偏見などは無くなりましたね(笑)


基本『家』です。


ただ、そこには綺麗とか新品だとかそういった感動以外の感動がありました。



『自分の好きなもの』『自分の欲しいもの』『自分の考えたもの』



インデュアさんの家には、お施主さんの『自分の・・・・』が詰まっています。


その後も数件、見学会を見させて頂きました。


人それぞれ好みはありましたが、全ての家に『自分の・・・・』が詰まっていました。


シンプルが好きな人もいたし、南欧風やアメリカ風、中には和モダンなんて家もありました。


その全てを、『ここはこういった趣向で・・・・』『ここはこういった経緯があって・・・・』『ここは趣味の延長で・・・・』って全てを説明できる営業さんも、とてもすごいと思いました。


また、この人なら、この会社なら、私達の『自分の・・・・』を叶えてくれるって思いました。



そこでやっと言い出した言葉。



『住宅のプランをお願いできますか?』



住宅を考え始めて、すでに1年と半年が過ぎていました。



ですが、この先問題が無く気持ち良くいけるって思った矢先またまた事件が・・・・



次回に続く。




Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。