FC2ブログ

プロフィール

ともえ

Author:ともえ
静岡県御前崎市
にある輸入住宅の会社です。
皆さんの夢を実現するために、
職人気質の社長を筆頭に日々勉強の毎日です。
現場の作業状況や画像等をUPしていきますので
少しでも雰囲気が伝わればいいなって思ってます。


全記事表示リンク


最近の記事


カテゴリー


FC2カウンター


最近のコメント


ランキングUPにご協力を!


何かありましたらこちらまでご連絡下さい

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
耐震、制震、免震と言う言葉聞いたことありませんか?


住宅の性能に興味がある人なら一度は聞いたことがある言葉だと思います。


でも実際にその言葉の意味を知っているかと言われると、・・・・・って人も多いのではないでしょうか?


建築だけの言葉なので、知らなくてもいいですが、住宅を建てる際には一度考えた方が良いので、今回はこちらの言葉をざくっとですが、説明したいと思います。


では始めます。



まず、この耐震、制震、免震とは、住宅(建物全般)の地震に対する対策方法のことです。


ここ地震大国日本は世界でも群を抜いて、この地震対策に力を入れており、技術もダントツの1番です。


その発展の経過でこの耐震、制震、免震の技術が育まれてきました。


まず、耐震。


これは字を見て分かる通りに、『地震に耐える』ことを重視する考え方です。


例えば、柱を太くしたり、筋交いと言って斜めにつける柱の数を多くする、柱の外に合板を貼付けてさらに強くするなどの方法が取られます。


これによって、どれだけ強い地震がきても、建物の倒壊を防ごうとする考え方です。


実際に、耐震をしっかりした住宅は、東日本大震災で震度7と言う、測定レベル最大な地震が起きた地域では、家の倒壊は0であったと言われています。


しかし、こういった考えが定着する前の建物、昭和56年以前の建物の多くは、耐震がしっかりしておらず、国はリフォームでの耐震化や建て直しを進めています。


現在はほぼこの考えが定着し、十分な強さを持った家が建てられていますので、あまり心配をしなくてもいいと思います。




次に制震。


これは先ほどの耐震がしっかりした住宅にさらにプラスして施行する方法をとります。


実はしっかり耐震が出来た家でも、大きな地震が来たら、その通りに家が揺れます。しかし、家がしっかりしているから倒壊しない、悪い言い方をすれば、『倒壊しないだけの家』なんですね。


その家の中にある家財や財産は地震の揺れの通りに動いてしまいます。もちろん中にいる家族も同じです。


阪神大震災の時は、家は倒壊しなかったが、非常に大きな揺れで倒れてきた本棚に押しつぶされたとか、飛んできた冷蔵庫と壁に挟まれてしまったとか、色々な事例が出ています。


家は助かっても家族や、財産が無くなっては意味がありません。


そこで考えられてきたのがこの、『制震』です。


この制震は色々なやり方がありますが、目的としては地震の揺れを軽減させること。


これによって、家族や財産をも守ろうという考えた方です。


当社も自社で研究し、発売している『J−NVA5』もその制震の働きを持つ装置の一つです。


これを設置するだけで、地震の揺れを最大40%も軽減します。


他にも他社さんも色々出しているので、見たり聞いたりしたことがあるかもしれません。


考え方としては、耐震でしっかり倒壊しない家を制震によって揺れを少なくしようとする考え方です。


当然、費用がかかりますが、比較的安価なことや、その効果が大きいため、採用されるケースが多いです。


ちなみに当社インデュアホーム御前崎では、全棟標準装備になっています。



最後に免震。


これは制震よりもさらに深く地震の揺れを軽減させることを考えられています。


皆さん、TVのCMなんかで見たことありませんか?


奥様がゆっくり化粧をしているのですが、その下では地震発生装置により、震度6以上の地震が再現されている、そんなCMに使われているのが、この免震技術です。


これも各社出ていますが、その効果が絶大で、外は震度6以上でも普通に階段から降りてくることも可能だし、グラスに注いだ水もこぼれないほどに揺れを軽減してくれます。


これなら家族も、家財も全て安心です。


しかし、一番の問題点がその価格。


高い物では1000万円を越え、安価な物でも数百万円します。


また、その装置自体の重さから、軟弱地盤には設置出来ない、メンテナンスが必要であったりと他の問題も多くあります。


しかし、いつかは来る地震の際に、後悔をしたくない人にとってが最良の考え方であるでしょう。




以上、簡単ですが、耐震、制震、免震の説明でした。



また、図が入って分かりやすい説明が当社HPで見られます。


そちらで詳細はお確かめください。

インデュアホーム公式HPにとびます。




掛川、菊川、袋井、牧之原、御前崎で家を建てるなら インデュアホーム御前崎

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://enduretomoe.blog105.fc2.com/tb.php/1012-678d4581


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。