FC2ブログ

プロフィール

ともえ

Author:ともえ
静岡県御前崎市
にある輸入住宅の会社です。
皆さんの夢を実現するために、
職人気質の社長を筆頭に日々勉強の毎日です。
現場の作業状況や画像等をUPしていきますので
少しでも雰囲気が伝わればいいなって思ってます。


全記事表示リンク


最近の記事


カテゴリー


FC2カウンター


最近のコメント


ランキングUPにご協力を!


何かありましたらこちらまでご連絡下さい

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『そろそろ家でも建てようか』


きっかけは夫がぼそっと言った一言でした。


その当時、夫が35歳、私が33歳、子供が長男5歳、長女3歳、住宅購入適齢期と言われている世代でした。


私は、3年くらい前に、お友達が家を建てた時に、完成式?にお呼ばれしてから、新築に憧れをもっていました。

綺麗なキッチンに、広いリビング、家族一人分の部屋、なにより羨ましかったのが、そのお庭の広さ。

当時アパート暮らしだった私ですが、お花や野菜を育てるのが大好きで、アパートの小さなベランダでプランターを使い育てていました。

だけど、こんなに広い庭ならあれやこれも、花だって木だって野菜だって誰に迷惑無く育てられます。

また、それでも余るだろう庭なら、洗濯物も気持ちよく干せるし、駐車場だって自分の勝手に出来るし、バーベキューだって庭で出来ちゃう。

そんな夢のような生活を手に入れたお友達が羨ましくなり、今でこそ言えますが、ちょっぴり嫌いになった時期でした。


しかし、そのことを夫に伝えても、完全に上の空。

確かに歳も30歳になったばかり、子供もまだ小さいし、二人目も生まれたばかり、給料だってそんなに多くないから、しょうがいないのかなって、その時はすぐに諦めた記憶があります。


と、そんなことは露とも知らないであろう夫が、『そろそろ家でも建てようか』なんて言うもんだから、私は飛び上がりそうなくらい嬉しかったですが、あくまでもポーカーフェイスで『あなたが真剣なら考えても良いよ』なんて言った記憶があります(笑)


夫も色々考えがあったようで、その夜に色々話をしました。

夫の同僚が家を最近建てたこと。

住宅ローンを組んだが、私達のアパート代とあまり変わらないこと。

何より、子供の部屋が出来たことが重要なんだと言っていました。


日頃、ごろごろしてばかりの夫ですが、子供のことになると人が変わったように動きます(笑)

幼稚園の運動会だって朝一番に並んで席を取ってくれたし、娘が熱が出た日は会社を休んでまで看病してくれました。

そんな子供命の夫からしたら、子供に部屋を与えられるってことが一番心に響いたようです。


当時のアパートは2LDLで家族4人ならそんなに狭くもなく、まだ家族全員で寝ているので部屋も十分足りたし、そんなに不自由か?って言われたらそうでも無かった気がします。

それでも、数年したら長男も部屋が欲しいって言ってくるだろうし、長女だって女の子ですから絶対に欲しいって言ってきます。

いずれはもっと大きい家に変える必要があったのですが、ここは田舎ですので、マンションはありません。

大きなアパートに引っ越すのか、持ち家を持つかしか選択肢がありません。

それだったら、家を建てようって気持ちになるってもんでしょう?


とそんな話をして夫婦二人で家を建てることを決定しました。

その日の夜は、心の底から嬉しくて、そんなことを言ってくれた夫をもっともっと好きになりました・・・・が本人には悟られないように普段と同じ態度で接しましたが(笑)だって30も過ぎたらそんなに愛情表現しないものでしょ?



そんな形が私達家族の購入のきっかけです。


その日から私達は暇があれば、住宅のことについて調べるようになりました。


次回に続く。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://enduretomoe.blog105.fc2.com/tb.php/1020-6daf58c6


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。